麺屋武蔵神山「麺屋武蔵青山」が移転と共に味をリニュアルして2009/2/11神田にオープン。
味は「麺屋武蔵青山」の魚介系を継承してはいるが、新店と考えた方がよい。
店名は「神田」の“神”と「青山」の“山”を合体させて「神山(かんざん)」。「神の山」として「富士山」をイメージしており、店内の随所に「富士山」をイメージさせるイラストがある。スタッフのユニホームもそのイメージ。
ベースは動物系と煮干しを中心とした魚介系のWスープ(寸胴で合わせている)で背脂を加えており、甘さを感じさせる。麺は中太のストレート。もっちりして噛み心地の良い麺。チャーシューの変わりに角煮風のでかい肉が基本メニューから入っており、この肉を注文時にサラマンダー(電気熱調理機器)で焼いてトッピング。慣れてくれば、これを使っていろんなものを「焼く」ようだ。「麺屋武蔵二天」の“揚げる”に対抗して“焼く”ことをコンセプトにしたのか?(^^;
あっ、あとトレンドの逆を行くのがもう一つ。味付玉子が固茹で。その昔「土佐っ子」には固茹で卵が合うな〜と思っていたが、そんなに大量ではないが背脂を使ったこのラーメンも固茹ででもいいのかな?と思わせるところが憎い(笑)。どうせ固茹でなら、サラマンダーで焼いて出してみるのも一つの演出か?(^^;

麺屋武蔵神山味玉らー麺850円。

麺屋武蔵神山つけ麺750円。



お店のデータは「ラーメンバンク」をクリック!