株式会社ラーメンデータバンク 代表取締役・大崎裕史(目黒勤務&在住)のラーメン本を中心としたラーメン関連情報の紹介ブログ。

2004年10月

五行@西麻布(塩)

431832f9.jpg今年752杯目。
パーティの後、8人で駆け付ける。10人近く並んでいたが、続々と出てくる人も居て、いいタイミングで来たかな?と思っていたら、ピタッと回転が止まった。結局、1時間くらい待ったようだ。(^^; 結局我々も一人で3-5杯くらいの酒を飲み、つまみを注文し、締めの麺類、デザートまで含めて、2時間くらい滞在。一人平均4000円ちょっとを飲み食いしてしまいました。
8人いたので、醤油・塩・味噌・つけを2個ずつ。しかも、塩は平打ち麺と細麺にして、麺類フルラインナップを注文。塩は、絶好調ではないが、まぁまぁ。つけが一番安心して食べられたかな。味噌は味噌が薄いというか、深みが無く、焦がしばかりが目立っていた。醤油は同じタイミングで頼んだのに、二つの味がかなり違っていて面白かった(笑)。五行ですら、いいレベルでの安定が難しい、ということなのでしょう。基本的にはいい店だと思います。デザートの写真は「続き」を見てください。続きを読む

きび@神田小川町の特別仕様ラーメン

915cfb32.jpg知人の結婚披露パーティに出席したら、神田小川町にある「きび」の店主がお祝いラーメンを出していた。これは11月中旬からお店でも発売する新メニューらしい。具無しなので写真での写りはイマイチかもしれませんが、貝類をベースにした塩味のスープは滋味深くて美味しいです。また麺は手揉み麺のような平打ち麺。これは発売になったら、ぜひ食べてみたいですね。
みんなでシェアして食べたので、1杯にはカウントしません。

あいうえお@目黒(梅塩らーめん)

8b6a92fc.jpg今年751杯目。
昨日に引き続き行ってしまった。会社から近くて、そこそこ食えるとなんだかんだ行ってしまいそうだ。今日は生ビールと、つまみでニラ玉、つまみチャーシュー。締めに梅塩らーめん。ふむ、なかなかいい感じ。抜群に旨いというほどではないが、小腹が空いた時には十分満たしてくれそう。チャーシューもまぁまぁ旨いし、飽きるまではもうちょい通いそうだ。

田丸@目黒(ラーメン)

163e111b.jpg今年750杯目。
地方に食べ歩きに行かない土曜日は休日出社することが多い。昼近くまで寝て、睡眠不足を少しだけ解消し、「田丸」でラーメンを食べて会社に行く。というパターン。今日のラーメンは出てきた時に鶏のいい香りがしたと思ったら塩分が多いのなんのって、スープが飲めたもんじゃありません。二口ほど飲んでスープは大半残してしまいました。旨い時はもちろんスープも全部飲んで「あぁ〜旨かったぁ〜」とため息が出るようなこともあるが(あったが)、最近、ちょっと不調続きかな。12時過ぎなのに半分以上席が空いてるのは雨のせいだけじゃないんでしょうね。

●ラーメン以外の旨い物に興味のある方は、ここをポチっと押してみてください。

塩らーめん あいうえお@目黒(スペシャルラーメン)

f65983bb.jpg今年749杯目。
山手通り、二郎の並びにある店で夜だけ営業の屋台。塩ラーメン専門店。前よりも店舗らしくなった。ちょっとだけお金をかけたのかな?メニューも少し整理されて、種類が増えた。季節限定メニューなんてのもある。つまみ用なのか、単品メニューもある。で、味の方だが基本的には前と大きく変わってないが、まとまったような感じで正直食える。残業でかなり遅くなりそうな時などは、結構食べに行っちゃうかも。

せたが屋@野沢(らーめん+ジャンボ雲呑)

0111dca1.jpg今年748杯目。
FRIDAYの近くからバス1本で来れることがわかり来てみた。久しぶりのらーめんとジャンボ雲呑を注文。らーめんは節系のハシリかな?旨いけど、この味は少し食傷気味。飽きる旨さと飽きない旨さがあり、例えば老舗の味は飽きない旨さ。こういうトレンド的な味は、やや飽きが来る。十分に、いや、十二分に旨いんですけどねぇ〜。雲呑の写真は【続く】のページに。続きを読む

FRIDAY@方南町(キーマカレーつけ汁ソバ)

8e665fda.jpg今年747杯目。
19時20分着で表に5人待ち。食べ終えた20時には半分くらいの空席あり。1日限定5食・キーマカレーのつけ汁ソバを注文。麺の方にキーマカレーと野菜がのり、まずはそれをかきまぜて、そのままでも食べられる。次につけ汁で食べる。なかなか旨い。しかし普段のも旨いから次は普通のつけソバを食べそうな気がする。そういう意味では5食という敷居の高さにチャレンジした分の満足度はないのかもしれない。いや、旨いんですけどね。FRIDAYに期待するあまり、求めるレベルが高くなってしまってるんでしょうねぇ。(^^;

【本】週刊女性 ラーメン特集

77462f5a.jpg発行:主婦と生活社
発売:2004年10月26日
掲載:20杯

新作メチャウマラーメン20杯!
ラーメン王の佐々木・小林、そして私が選びました。

【本】東京ウォーカー ラーメン特集

5e471073.jpg発行:角川書店
発売:2004年10月26日
掲載:カラー24ページ

今、うまい「ラーメン」はこれだ!
ラーメン研究家・TWスタッフ&サポーターズが選ぶ
「今最強のラーメン10杯」

第9回ラーメン王選手権出場者募集!

いよいよ、2年ぶりに「ラーメン王選手権」が帰ってきます。
というか、ようやくやることになったようです。

出場希望者は、私までメールください。
(oosaki@hiryu.co.jp)

今回は、20-30人集めて予選からやるような話です。
(変わるかもしれません)

前回、予選で敗退した人も出場可。

ぜひ、奮ってご応募ください。よろしくお願いいたします。
詳細は、まもなくお知らせします。

中国料理 張大千賓館@高井戸(フカヒレ拉麺)

f717e746.jpg今年746杯目。
二度目なのにその立地に驚く。住宅地の真ん中。訳合ってフカヒレ拉麺2520円を注文。佐野風の青竹踏み手打ち麺がなかなか。フカヒレは厚みがあり食べがいがある。

らーめん家一歩@杉並

6c642cb3.jpg今年745杯目。
超久しぶり。奥さんの接客と笑顔は相変わらず。12時30分着でほぼ満席。博多らーめんを注文。出てくるまでに20分かかった。チャーハンの注文があるか無いかで時間が変わるみたい。でも、やっぱり旨いねぇ。私にとってとても食べやすい豚骨ラーメン。そしておいしい。家庭的な味に思えるのは少しずつ丁寧に作ってるからか?そういや、炒飯とスープ、替え玉と注文すると具なしらーめんが200円で食べられる、という裏技がある。連食しないなら絶対それだな。

【本】うるま 沖縄そば特集

b9ee0382.jpgうるま11月号
定価:780円
発行:三浦クリエィティブ
版型:変形A4版

内容としてはお店紹介というより、その歴史とかルーツとか
読み物中心の特集です。
きしもと食堂をクローズアップし、開店までの作業を34枚の
写真で紹介しています。なぜか、新垣ぜんざいの紹介も2P。
総ページ数40Pの大特集です。ここまで多いと読んでる暇がない。(^^;

【本】新潟Komachi12月号ラーメン特集

fd338a20.jpg発売:2004年10月25日
発行:株式会社ニューズライン
定価:480円
版型:変形A4版
掲載:253軒

前号に続き、ラーメン特集。
・限定超特価スペシャルお得ラーメン
・ツウが教える穴場ラーメン
・読者一押しの穴場&行きつけ
・異論反論MYラーメン
・編集部片山ラーメン50杯の旅

○月や@沼袋

ae5fc020.jpg今年744杯目。
今年5月29日開店。初めてなのに秋の新作「支那そば」なんて書いてあったので、ついついそれを注文してしまった。薄口醤油を使った軽めの味わいで、それでいて十分な旨味がある。細麺はやや固めで割といい感じ。特に感動はなかったが、それなりにおいしくいただけた一杯。一番印象に残っているのは奥さん?がきれいだったこと。帽子を深めにかぶっているので顔の全貌が見れないのが残念。

麺坊 光禅@新井薬師前

bd946a94.jpg今年743杯目。
今年の5/22オープン。無化調スープに無かん水自家製麺のこだわり店。カウンターのみで雰囲気も悪くはない。ラーメンもなかなか旨いがちょっと高めなのかな?食べてる時は「いい材料使ってそうだなぁ」と感じられるラーメンで旨いと思うが、食べ終えて後を引くものが乏しい。後口もすっきりだし、さほど印象にも残ってない。数時間も経つと可もなく不可もなく、の記憶。記憶に残らないラーメンか?味玉もスープも麺もなかなかおいしかったのに、場所的な不便さや値段も含めてしばらくは足を運びにくいなぁ、というお店。なんか惜しいなぁ。そう思ってしまった。
http://www.vinocosta.com/

中華そば すずらん@渋谷(味噌平つけ麺)

1b3fb2fa.jpg今年742杯目。
平打ち麺が出来たらしいのでそれを味噌つけで注文。いやはやこれは凄い麺だ。っていうか、麺なのか?(笑)幅が2-3cmある。太さはマチマチ。しかもボリュームたっぷりの麺は400gくらいか?タレが麺に絡むというより、乗っかる感じなので麺を食べ終える頃には、つけ汁もなくなってしまった。スープ割が頼めなくて残念。と言っても腹一杯でスープも飲めないくらい麺が多かった。ラーメンを食べたという感じがしないがなかなか旨かった。

南仏料理 まき火@諏訪市(試作)

レストラン今年741杯目。
長野ラーメンツアーの最後の店はラーメン店ではなく、なんと南仏料理店のラーメン。
この店は通常メニューにラーメンがあるわけではなく、シェフが「近くには好きなラーメンがない。ならば自分で作ってみよう」と作り始めたラーメンを今回のラーメンツアーに合わせて、食べさせていただいたわけである。
まず、ビジュアルにびっくり。
全国約6000軒、約1万2000杯のラーメンを食べてきている私でも驚いてしまった。
まずは写真右の薬味。左上から刻みベーコン、揚げニンニク、刻み海苔、右上に行って、ザーサイ、ねぎと鷹の爪、メンマ。
写真の左側を見ると、「なんだ、つけ麺じゃん」と思われるかもしれないがそうではない。手前の器は小さいながらラーメンとして完結しているのだ。
大きなチャーシューは豚肉の塩漬け。柔らかくて、脂がしっとりとしてとてもラーメンにのっているチャーシューとは思えない。というか、こういっては何だがラーメンの上に載せておくのがもったいない。もはや、具、ではなく、これだけで素晴らしい料理。
スープは軽めの味付けで薬味を組み合わせながら、味の変化を楽しめるように作られたもの。そしてスープを最後まで飲んでもらえるような味わいにした、という通り、私はこの日、五軒目(午後3時半)なのにスープを飲み干した。
そうそう言い忘れた。左奥に見える麺。これがまた面白いコンセプトで、替え玉のようなつけ麺のような・・・。食べる側がどちらにとってもいい。パサパサにならないように背脂をまぶしてある。私はつけ麺感覚で、なおかつ替え玉的な食べ方をしてみた。二口ほどをつけ麺風に食べ、残りをスープに入れて(替え玉風)、薬味を加えて食べた。
800円という値段が付けられていたが、あのチャーシューの存在だけでその値段では赤字見え見え。試作故のサービス価格、といったところか。
他の方からもいろんな意見が出ていたので、調整は必要なのだろうが、月1回でも、こんなユニークなアプローチのラーメンが食べられるなら面白い。近くの諏訪湖も素敵だし。
商品化されたら、また食べに行こうかな?(^^;

麺屋 宮坂商店@諏訪郡下諏訪町

宮坂今年740杯目。
隣の「塩天丼」と同じ経営者で狭い店ながら14時過ぎで満席である。外観・内装は完全に昭和30年代を意識したもので、中途半端ではなく徹底している。駄菓子屋風でもある、テレビは白黒。ラーメンの方は一言で言えば「東京流行スタイル」。そもそもレトロな内外装の時点でトレンドを取り入れてるわけだが、味まで東京最先端、という感じ。一応、満席だったので、受け入れられているのだろう。私としてはもう少し地元寄りでもいいのではないかと思った。例えば、麺がかなり堅い。固めにも程がある、と思ってしまった(笑)。スープは節系が効いた半透明スープでなかなかおいしい。具もちゃんと手を加えており、いい仕事をしているなぁ、という感じ。地方らしさはあまり感じられないが、ちゃんとおいしいラーメンなので、地元の人にも評価されると長野のラーメンもどんどん変わっていきそうで面白いし、楽しみだ。

麺州ラーメン 凌駕@塩尻市

凌駕今年739杯目。
1時過ぎだったが18人待ち!ちょっとびっくり。醤油味だけで、4種類あって何を食べるか迷う。結局、メニューの一番上の「煮干し醤油ラーメン」を選択。出てきたラーメンは見た目シンプルな醤油ラーメンだが煮干しなどがキリッと効いて日本人の心をグリグリさせてくれる。醤油のスープは一種類だと思うので油かタレでこれだけの風味付けをしているのか?麺は細めの縮れ麺。湯切りは両手天空落とし(笑)。かなり東京の流行りを研究しているようで、期間限定メニューの「にごらせ和風麺」は、豚骨白濁ベースのスープに魚介を組み合わせ、Wインパクト(でも少しまろやか)に仕上げている。スープによって、麺やチャーシューの部位を変えたり、細かい気づかいとその完璧主義は見事である。若い店主なのでまだまだ面白くなりそうな店である。

麺屋 直(なお)@松本市

直今年738杯目。
13人待ち。松本界隈、いや、長野県でもトップクラスの行列店か?カウンター10席、テーブル6卓。これで行列ができるのは凄い!一度に4杯しか作らないことも要因のようだ。あじ玉ラーメン700円を注文。最初は普通かな?と思ったがガツン度が弱いもののなかなか箸を置けない引きずる旨さ。黄色く光る鶏油も効果的で後口もいい。麺は固めの茹であげで柔い麺が続いた長野ツアーにおいて新鮮な感じ。味玉もなかなか。家族向けに優しいお店で流行ることにも納得。店も広く清潔でラーメン好きというより幅広い対象向けの店と言える。

とりでん@松本市

とりでん今年737杯目。
完全取材拒否のラーメン専門店だが店主の物腰は柔らかい。開店と同時に10人。鶏油がかなり入っており、スープの表面は黄色い油の層が出来ている。しかしそんなにくどくはない。チャーシューは脂身が多かったが厚みがありなかなか旨い。好みのチャーシュー。ねぎと野菜の使い方が程良く、地方で長年人気があるのもわかる。強烈な印象はないが私は好きなラーメンである。普通の中華そばを頼んだがワンタンが3-4個入っていてびっくり。得した気分。満足。

気むずかし家@長野市

きむずかしや今年736杯目。
拉麺577円。都内にある関連店(烈士殉名@春日)が割りと良かったので、結構期待してこの日のトリに持ってきた。ところが麺とスープの組み合わせがかな〜り微妙!プラスとプラスの個性がぶつかりあったら化学反応を起こしてマイナスになった感じ。あまりにも合わなくて麺を食べきるのがやっと。せっかくおいしかったスープも麺の風味が溶け込んで飲めなかった。失敗作とは思えないのだがどうしたことだろうか?前に来たラーメン仲間も誉めていたし、何かが変わったのだと思う。この日の締めが悲しい一杯になってしまった。

てんてん@長野市

てんてん今年735杯目。
塩かつおてんてん945円を注文。食べる前の感想だがいい値段だなぁ〜。(^^; 長野はなぜか値段が1円単位まである店が少なくない。切上げればいいのに、と切に思う。ここは夜の値段が昼より5%高い。麺が多いのにスープが少なくかなりバランス悪い。スープは大変おいしかった。空いてるのに隣のテーブルに客を誘導するのはいかがなものか?醤油とこってりは無化調ゆえの物足りなさがあった。惜しいなあ。

ミソラ野@長野市

ミソラ野1今年734杯目。
東京と札幌の老舗有名店で修行をしたという店主。醤油にはその雰囲気が少しだけ垣間見ることができる。味噌は修行先とは少し違うが古来の札幌味噌ラーメン風。先日、塩も新発売。ということで3人で行ったので3種類食べてみた。いずれもそこそこおいしいがオリジナリティを発揮していくか、徹底的に修業先の良さをパクっていった方がいいかも。とは言っても長野に両店を食べた人はそんなに居ないだろうけど。(^^;続きを読む

熊本ラーメン桃太郎@青木村

桃太郎今年733杯目。
村の国道沿いにあり、外観もまったくそそらない。店名もなく熊本ラーメンの看板や旗がなびくだけ。17時開店なのに30分遅れ。ジモティーの強い薦めがあって来たのだが「いい加減にしてよ!」と言いたくなる寸前だった(笑)。しかし出てきたラーメンのスープを一口すすったら、私に20数年前の衝撃を思い出させてくれた。そう「桂花」を初めて食べた時のものだ。味は違うし麺や具も微妙に違うが旨味とコクは感動ものだった。15年もこの村でやってるそうだが車を走らせて遠くから食べにやって来る人が少なくない、というのも頷ける。こんな場所に、と言っては失礼だがこんな店が隠れているとは驚きである。これだから地方の食べ歩きは辞められない。(^^;続きを読む

かるかや@長野県東御市

かるかや今年732杯目。
取材拒否店で禁止事項の多い店。そのためか店内は妙に静か。イージーリスニングが流れるだけ。11席あり4-5人待ち。店内の誰も食べておらず、一時間待ちは当たり前だとか。まっ、ちょうどいい腹ごなしかな(笑)。見事に1時間ほどかかった。時間に余裕がある人だけどうぞ。ちなみに厨房が見えないので何故遅いのか不明。らーめん640円は透明感のある醤油味でシンプルながらコクがあり、ついつい飲みたくなるスープ。麺は太さがまちまちの佐野風とろける手打ち麺。喉越しが良く、歯を使わずに食べられる。バラのチャーシューもおいしい。遅いけど好きな店だなあ(笑)。

丸木屋@上田市

丸木屋今年731杯目。
満席で待ちが出来るほどの人気店。店内はアンティークないい雰囲気。自家製麺で無化調スープの店。醤油味のみで中華そばとつけ麺がある。地方の無化調ラーメンは物足りない場合が少なくないがここのは十分旨い。自家製の麺も好みのタイプ。盛り付けもきれい。チャーシューもおいしく、ねぎの切り方も工夫しており、見た目もいい。おとなしい、と思われるかもしれないが近くにあったら週に2-3回食べたくなるラーメンだ。

軽井沢創作料理ロコ@軽井沢

ロコ今年730杯目。
軽井沢にラーメン店は数軒あるが気になる店がなかったので行くことはなかった。しかしこの店は素晴らしい。都内の流行りを研究しているのか、あるいはセンスなのか、今風の動物系と魚介系のダブルスープ。旨くまとまっており、都内の同系と比べても遜色ないどころか、旨いと思う。具のチャーシューやメンマも手を加えていておいしい。広い店内もいい雰囲気でデートに、または観光ついでに、お薦め。カレーも旨い。無理して嫌いなところを挙げると値段に1円単位が多いこと。651、777、888円などお互いに面倒なので切上げて欲しい。でもいい店だ(笑)。

勝丸@目黒(味噌+梅山豚)

fcee5c55.jpg今年729杯目。
昼、ラーメン食えなかったし、このままでは夜も食えないかも?と先に近くの勝丸で食べてきた後で残業中。まぁ、ここは、朝4時までやってるから、残業終了後でもいいんだけど、最近、寝る前の食事をできるだけ減らしているから・・・。と、こういうストレスも努力している割には体重が減らない原因だと、テレビでやってたなぁ・・・。
なんとなく味噌を食いたくなったのと、減量中と言いながら梅山豚をトッピングしてしまうあたり、根性無しというか、食い意地の方が強い、ということになるのかな?梅山豚は幻の豚とか言われてて、結構高い。450円プラスで4枚だったかな。前に食べた時はもう少し厚かったような気がするが今日のはかなり薄かった。でも、味は良かった。特に脂身はとろ〜んという感じでなかなか。勝丸がこの肉を使ってるというのが似合って無いという気もする。(^^;
何も考えないで食べると何も違和感なく食べ終えるラーメンである。近いからとはいえ、こんなに食べに来るわけだから、そこそこ食えるっちゅうわけですな。(^^;
ラーメンバンク
紹介されているお店の情報、全国のラーメン店のデータはこちらで検索!
powered by ラーメンバンク

携帯版ならコレで食べ歩き
ラーメンバンク
プロフィール
OOSAKI
ラーメン協会


【プロフィール】
自称「日本一ラーメンを食べた男」。2008年12月現在8,400軒16,500杯を食破。ここ数年は毎年800-900杯を食べている。東京一週間でラーメン連載中。ラーメン複合施設やカップ麺を複数監修。他、TV、ラジオ、雑誌などの登場多数。2005年4月株式会社ラーメンデータバンクを設立し、代表取締役に就任。日本ラーメン協会発起人の一人。
記事検索
Categories
Archives
ラーメン本
とらさんバナー
ラーメンバンク
全国27,000店を誇るラーメンの総合サイト「ラーメンバンク」。男性も女性も楽しめるラーメン情報満載!

torasanjob
ラーメン店で働きたい方は『とらさんJOB』をご覧ください。

torasanradio
ラーメン情報をネットラジオでお楽しみください。

donburikko



にほんブログ村 グルメブログへ
広告
ラーメン書籍紹介
Recent Comments
  • ライブドアブログ